2013.04.13.

ルーベンス展

ルーベンス.jpg
こんにちは! saitaです。
ここ2日間上京をしていたのですが、
寒くてびっくり!
もうどんな格好をして行けばいいのやら・・
この時期の旅は服装が困りますねー。

今東京渋谷Bunkamuraでルーベンス展が開催されているので
行って来ました。 ルーベンスと言えばあの有名なアニメ、
「フランダースの犬」の主人公ネロが憧れた画家で
アントワープの教会で最後に念願のルーベンスの「キリスト降架」を見て
パトラッシュと共に天国へ召されると言う
涙無くしては見る事が出来なかったシーンを思い出します。

子供心に「ネロがそんなに見たかった絵ってどんな絵だろう?」って
思ったものでした。

光と影、深い色使い、ひと肌の温もりや
その場の温度さえも感じさせる力強い表現力の素晴らしさを
間近で感じる事が出来ました。
そしていつも思う事は絵は勿論の事額縁の素晴らしさです。
この額縁の役割はとても大きく責任重大の様に思います。
額縁次第で絵の見え方、感じ方も大きく違って来るに違いありません。
ふと・・お家とお庭の関係と同じだなって思いました。

「ルーベンス栄光のアントワープ工房と原点のイタリア」展
渋谷Bunkamuraで4月21日(日)まで開催中です。
興味がある方は覗いてみてはいかがでしょうか。

                saita









  


posted by I'm Garden at 14:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。