2013.04.28.

ガーデンフィールズの春

パーゴラに絡まるキャロライナジャスミン。
正直、キャロライナジャスミンの魅力を発見した様な気がしました。
P1250669.jpg
P1250670.jpg
とってもナチュラルに咲いているチューリップ「ブロンズチャーム」
この自然な感じがいいですねー。
P1250682.jpg
石に誘引されている白モッコウバラ。
こちらは半日陰と言う事もあってかまだ蕾が多かったのですが、
石や木の扉との相性も抜群でいい雰囲気です。
P1250689.jpg
P1250691.jpg
「ギョリュウ」 しだれ桜を思せる雰囲気で存在感がありました。
垂れ下がった枝が風になびき美しかったです。
P1250695.jpg
P1250715.jpg
「黄モッコウバラ」もう見事と言う感じです。橋の両側に満開に咲くモッコウバラは
今が見頃、華やかさにおいては今の季節ガーデンで1番って感じでしたよー。
P1250681.jpg
P1250685.jpg
「ギボウシ・クサソテツ・ベアグラス・クリスマスローズ フェチダス」グリーンばかりですが、
大らかで瑞々しい雰囲気に安らぎます。
P1250674.jpg
カラースキームが美しい「メギ・アジュガ キャトリンズジャイアント・オレガ ノートンズゴールド」
やっぱりパープルとイエローのコンビネーションて合いますねー。そこへ銅葉が入ってきても
素敵な事に気付かされます。
P1250722.jpg
「メラレウカとエキウム」 メラレウカの穂先の紅とエキウムの微かに色づく穂先の紅に目が留まりました。
こう言った発見大好きです!
P1250725.jpg
前日の神戸とは打って変わってお天気に恵まれたガーデン散策。
春の陽射しも心地よく前日の雨もあってかガーデンの植物達は
瑞々しく輝いていました。

自然に逆らわないポールスミザーさんのガーデン作りには
友人も私もとても興味があります。
そしてガーデンフィールズの最後の春と言う事もあって、
私の友人は遥々千葉からこのガーデンを見る為にやって来てくれました。

春のガーデンフィールズはまるで野原に生えているかの様に
チューリップが咲き、クサソテツやギボウシのゆったりとした
瑞々しいグリーンの競演も素晴らしく、
日向のモッコウバラは今が満開で鮮やな景色を作り上げていました。

そして気が付けば園内黄色の花が割と多く、
お庭以外の洋服等にも最近黄色が気になり初めていた私にとって
素敵な刺激をもらった気がしました。

2人共時間の調整がつかない中、この日しかない!って事で
急遽決めた旅でしたが思いきって行って良かった旅でした。

宝塚ガーデンフィールズは今からが見頃だと思います。
閉園前最後の春のガーデンを是非散策してみてはいかがでしょうか!

              saita




















posted by I'm Garden at 12:18 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。